ニューオリンズショック4

(前回のつづき)

チャックには、しっかり錠をつけておいたのですが、

↓こういうタイプのバッグの

チャック部分を無理やりこじ開けられて

壊されていたのです。

【送料無料】イーグルクリークスイッチバックモジュラー22 59L【あす楽対応】【あす楽対応_東...
¥29,400
楽天

幸い、貴重品は彼女のハードトランクに入れて

チェーンをかけておいたので無事でしたし、

こっちのバックに入れておいたのは、

着替えや洗面用具、文房具などばかりだったので、

どうやらなくなったものもなさそうでした。


部屋には鍵をかけてあったので、犯人は間違いなく従業員。

海外のたいていの都市にはある有名なチェーンのホテルだったので、

警察を呼べばいいのか、ホテルに苦情を言えばいいのか・・・・

ショックで軽いパニックになっている2人を助けてくれたのは、

またまた李さんです。


ホテルの支配人にがーっと文句を言って、弁償を約束させ、

(けっきょく弁償はうやむやになりましたが)

早々にホテルはチェックアウト。

リーさんの車で家まで戻ってきました。


もし、李さんに出会えずに、何も決まらないままホテルに戻り、

この状況にあっていたことを想像すると・・・・・

李さんには、本当にいくら感謝してもしきれません。

次の日には、隣の通りに「for Rent」のアパートがあるからと言って

一緒に部屋を見に行ってくれ、

ちょうど部屋の修繕をしていた大家と交渉もしてくれ、

あっという間に部屋も決まりました。


こうして李さんに助けられ、

どうにか2人のニューオリンズ生活は始まったのです。

(この話は不定期でつづきます)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR