退職&海外へ

199X年、当時28歳のときに、一度、所属していた編プロを辞めました。


それは別に仕事が嫌になったとか、

職を変えたくなったとかではなく、


当時付き合っていた彼女がアメリカに一年ぐらい遊びに行くというので

(付き合う前から行くことは決まっていた)

それはうらやましいと思い、

一緒にいっていいかと聞いたら、OKが出たので、一緒に行きました。


僕がいた会社は、

やりたいことをお願いすると、やらしてくれる会社だったので、

休職でいいよと言ってくれたんですが、

そのときは、それは何か申し訳ないから、と思って、

一応、退職扱いにしてもらいました。


行った先は、アメリカ南部のニューオリンズ。


ニューオリンズ大学の外国人用英語集中プログラムを受けながら、

そこにはアパートを借りて8ヶ月ほど住みました。


さらにそこで知り合った南米の友人の家を2ヶ月ほど渡り歩き、

約11ヶ月ほど日本を離れていました。


その後、元の会社に普通に復帰し、

普通に仕事を再開しました。


英語が話せるようになったかといえば、

そんなことはありません。

全然自信ないです。


ただ、旅行で困るようなことはなくなりましたし、

友達もたくさんできました。


嫌な思い、苦しい思いもたくさんしましたが、

行ってよかったと思っています。

(この話は不定期でつづけます)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR