LaQ恐竜骨格シリーズについて

作りかた満載で好評の『LaQ超ミュージアム』ですが、
LaQ超ミュージアム LaQ公式ガイドブック (別冊パズラー)
世界文化社
世界文化社 (2015-03-13)
売り上げランキング: 16,435


個人的に注目してほしいのは、
『LaQ恐竜骨格シリーズ』です。


↑2005年頃に発売された白一色で構成された商品。すでに廃盤


↑白はたくさんあると便利なので、ひとりでたくさん買ってくれた人もいた。


↑1セット4種類の設計図付き。設計図のない作例もたくさん掲載されていた。

この商品は、当時、まだLaQハカセもいないころだったので、
僕一人ですべてのモデルを制作しております。
なるべく、デフォルメはあっても嘘が無いように設計しました。
肩甲骨、腸骨、恥骨など、重要な部位はきちんと再現して、
身体各所の比率はかなり正確に作っています。

そういう商品だからこそ、恐竜に詳しい人、好きな人からは、
とてもいい評価をたくさんいただきました。
個人的にも、とても思い入れがある商品です。

『恐竜骨格シリーズ』はそのうち本にまとめたいと思っていたのですが、
実は『LaQ超ミュージアム』に掲載していいのかという葛藤もありました。

ですが、このシリーズが入ることは、
間違いなく本の売りのひとつになると思えましたし、
個人的に「出し惜しみ」は好きではないので、
思い切って掲載しました。

作りかたも、今となっては見にくいし、
複雑で、白ピースもたくさん使います。
簡単なモデルではありませんが、ぜひ挑戦してみてください。

完成品はかっこいですよ!





スポンサーサイト



コメント

リアル造形の原点

いや、ホント、恐竜骨格シリーズは
マニア垂涎のリアルホビーLaQの原点と言えますね。
キット自体は当時の商品ライン中ではそれなりに高額よりの価格でしたが、
その2セット分の作り方が、キット一つ分の価格の
半額くらいの本で手に入るなんて、、、
これだけでもかなり内容の濃い一冊ですね。

Re:リアル造形の原点

>Ken01さん
絶賛ありがとうございます。
商品の広がりは長く愛される玩具の条件だと思うので、
ある意味、異端である恐竜骨格シリーズは、
LaQの歴史を語るうえで欠くことのできないシリーズだと思っています。

私も2セットずつもってました

恐竜セットそれぞれ2セット分も持ってたのに、なぜか、作り方の紙をなくしてしまっていて、白補充をかねてまた買おうと思っているうちに、本屋からは消えてた。その後、発売停止を知ったという感じでした。
それが、本に載ってるんだから、お買い得ですね。

Re:私も2セットずつもってました

>しんじさん
ありがとうございます。恐竜骨格シリーズは、今でも褒められることがとても多く、うれしい限りです。ウルトラマンの本も買っていただきありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR