編集プロダクション3

(昨日のつづき)

編プロ業務からの撤退を決意したわが社ですが、

その決意までには、いろいろと紆余曲折がありました。


攻略本の仕事が極端に減ったとはいえ、いきなり減ったのではなく、

だいぶ前から、少しずつだったので、

それなりに生き残りを模索していたのです。


一般書籍へのシフトや、デザイン業務の拡大、

携帯電話のコンテンツ販売などなど、

少なくとも、自分ができることは

みんなしっかりやっていたと思います。


しかし、とうとう大人数で仕事を回せる規模の事務所を維持できなくなり、

業務の縮小に至ったのです。



編プロの仕事はとてもハードだと思います。

強烈な個性がないと大変な仕事ばかり回ってきますし、

常に高いクオリティを要求されます。

一回でも手を抜けば二度と指名されません。

ダンピングもしょっちゅうでした。

作業をし続けないと食っていけませんが、

所詮下請けなので、給料だってたかが知れています。


でも、いろいろな仕事ができましたし、

高いハードルを求められる立場も性にあっていました。

何より、ものづくりの現場にいるのは、とても楽しいです。


特に前の会社は、わがままもたくさん聞いてもらいましたし、

好きなことを好きなだけやらせてもらっていました。

何より、僕という人間の個性を

とても評価してもらっていたと思います。


なので、大変な仕事というのは身にしみているのですが、

正直、もう編プロはコリゴリとは思えないんですよね。

上司に恵まれていたというのもありますが、

いい会社だったなぁ~と思えます。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR