2013年度LaQ芸術祭12月

2013年度LaQ芸術祭12月の入賞者が発表されました。

今回も力作ぞろい、
きっと僕が作った本を
隅から隅まで読んでくれているんだろうなぁという子がたくさんいて、
とてもうれしく思います。

今回のお気に入りは、なんといっても
ゆうやくんの「Insect Fighter 7」!
造形力、全体のバランス、コンセプト、ユーモア・・・
10才にしておくのはもったいない!

あくまで想像ですが、ゆうやくんはLaQだけでなく、
いろんなことに好奇心を持って、いろんなことをしっかり吸収する
タイプなんじゃないかなぁと思えます。

ゆうやくんと一緒にLaQをやったら、
きっと楽しいだろうなぁ~と思わせる作品です。

にっちゅくんの「トリケラトプス」も
前足、後ろ足の形など、妥協なく形状を再現しており、
とても好感が持てます。

一生懸命考え、試行錯誤を繰り返した作品は、
製作者の性格まで投影されます。
そういう作品こそ僕は褒めてあげたいなあと思います。

大人の部はひとつずつ

・「ソフトクリーム」
僕も何度か挑戦したことがあるのですが、
この作り方は思いつきませんでした!
これがファイナルアンサーな気がします!

・「白雪姫」
きりくさんのモデルには、
いつも「もうひと工夫」や「バランス」などなど
きりくさんの人柄がしっかり反映されていると思います。
それこそが賞賛に値すると思います。

・「LaQ自転車」
スーパーリアルモデルを作ろうと思うだけでも
遊び心が必要なんですが、
サドルの形状やバルブのハマクロンシャフトなど、
遊び心センスがバツグンです。すごい!

・「ラインカー」
『LaQランド』シリーズの愛読者というだけで心の友なのですが、
Paxで本格ギミックモデルを作ろうというのは
頭が柔軟じゃないと出来ないと思います。
既成概念から距離を置ける、というのは非凡です。



応募作一覧では、
「くじらの小物入れ」「バルタン星人」「マッサージチェア」が
かわいいなあと思いました。

さあ、2013年度のチャンプは誰になるのか?
楽しみですね!
スポンサーサイト



コメント

無題

ジュニア部門はすごい応募数でしたね!
ほんと浅川さんチルドレンなんでしょうねぇ~

グランドチャンピオン楽しみですねぇ~

喜んでました!

浅川さん

 浅川さんに褒めていただき、たいへん喜んでました。
 長男は『LaQ大百科』と『スーパーテクニック』が特にお気に入りで、作品作成の時には、ボロボロになるまで読み込んだ2冊をいつも脇に置いて使用しています。LaQの基礎をしっかり身につけているので、接続方法等の「引出し」は私より上かもしれません。
 折り紙(しゅうくんさんと共通)や読書(図書館で手塚治虫さんの作品を片っ端から借りてきて読んでました)で培った想像力も、今回の入賞につながったのではないかと思ってます。

Re:無題

>Rain Bringerさん
いやあ、いまだに『LaQ大百科』は売れているので、
初代LaQ博士の影響力と、
商品におけるKen01さんのモデルの影響力も
そうとうありますので・・・

Re:喜んでました!

>YASUさん

すみません! YASUさんのお子さんって、ゆうやくん?だったのですか?
わかっていませんでした。

いろいろつながりました。

手塚作品を片っ端から、というのはセンスありますね!

手塚作品は漫画文化の古典なので、
(すべての漫画は手塚漫画からの派生説)
古典を掘り下げるというのは、学究肌というか、
ただ「漫画おもしれー」ではなく、
コンテンツとしての本質を探ろうと意識しているのでは?
と思えます。

ありがとうございます(・∀・*)テヘペロ

作品は作者を映し出すんでしょうかねぇ。
確かに魔女みたいな顔、よくしてますね~。<特に子供達の前で

とりあえず私も作品作りの際には傍らにスーパーテクニックとかかわいい!LaQとか置いて挑んでます。
今回はきのことかLaQ本からパク・・・いや参考に作りましたし。

Re:ありがとうございます(・∀・*)テヘペロ

>きりくさん

コメントありがとうございます。
(あれ? きりくさんは魔女じゃなくて白雪姫なんじゃ・・・・?)
と思いつつ、それはさておき、
ぜひきりくさんには
このまま達人を目指していただきたいですね。
ここからは本気で遊ぶのがポイントだと思いますので、
少しずつがんばってください!

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR