LaQで五角形まとめ

知り合いがLaQで作る五角形について研究していたのでまとめました。

まず、LaQは正方形と正三角形の平面を組み合わせるので、
平面で五角形は作れません。

ですが、立体的に作れば五角形を作れます。

●その1:五角錐の形
$ariana office info-五角錐型五角形
↑三角と120度のジョイントを5つずつつなげる。


応用例:二十・十二面体
$ariana office info
↑正三角形×20、正五角形×12の立体。五角錐を内側にへこませた形で接続する。
作るのは、かなり大変ですが、完成すると丈夫で楽しい立体。

●その2:五角柱の形
$ariana office info
↑四角と120度のジョイントを5つずつつなげる。


応用例:二十・十二面体
$ariana office info
↑かなり丈夫で面白い形なので、大人も子供も面白がってくれます。

●その3:ゆがませた五角形

$ariana office info
↑大きく作って、緩やかにゆがませます。
正十二面体を作っても球体に見えてしまう。

●その4:板をかみ合わせた五角形

$ariana office info
↑板にスリットを空けて、かみ合わせ、星型を作ると、
内側にきれいな五角形ができます。

●その5:五角形の空間

$ariana office info
↑サッカーボールの形(切頂二十面体)です。
六角形を5つ、120度のジョイントでつなげて切頂二十面体を作ると。
きれいな正五角形の空間ができます。
三角をつなげたベルトで五角形を作ることと同じです。

●その6:三角形を5つ合わせる
$ariana office info
三角形同士を内側でつないで、正五角形を作っています。
隙間があるのと、モデルが大きくなってしまいますが、
一番きれいな正十二面体が作れます。


ほかにも5本の棒をチェーンでつなげるとか、いろいろありますし、
僕が思いついていないつなぎ方もあるかもしれませんが、
とりあえずこのくらいが基本形かなと思います。

スポンサーサイト



コメント

無題

あさかわさま

 ラキューのパーツ形状と5角形は、一見相性が悪く見えるのですが、多様な方法で実現できるのは驚きです。 

 昨年、長男(ゆうや)が、浅川さんの小星型12面体の記事を読んで興味を持ち、星型でできる新しい立体に挑戦していました。昨年の12月度芸術祭に、星型の立体等を応募しました。
 親としては、子供が難しいことに挑戦している姿は何よりも嬉しいものです。奈良のフェスタでこの話をしたかったのですが、ご参加が難しいとのこと(voceさんのブログで拝見しました)なので、この場をお借りしてお礼申し上げます。

Re:無題

>YASUさん
こちらこそ、僕の本やブログを見て、新しいことに興味が広がった子がいるというのは、とても幸せなことだと思います。

多面体の世界はとても奥が深く、でも実は身近なものからアプローチできる、とても楽しい素材だと思います。たとえば、↓ウィキペディアの「多面体」のリンクなんて、グラフィックだけでも、とても楽しいのでぜひお子様と一緒に見てみてください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E9%9D%A2%E4%BD%93#.E3.82.AA.E3.82.A4.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.81.AE.E5.A4.9A.E9.9D.A2.E4.BD.93.E5.AE.9A.E7.90.86.EF.BC.88.E3.82.AA.E3.82.A4.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.81.AE.E5.A4.9A.E9.9D.A2.E4.BD.93.E5.85.AC.E5.BC.8F.EF.BC.89

ペーパークラフトとかも楽しいですよ。自由研究なんかにも最適だと思うので、こちらもぜひ。

http://www.h7.dion.ne.jp/~kagaku/polyhedraPaperCraft/polyhedraPaperCraft.html

フェスタは、しゅうくんとやっくんファミリー、たんぽぽさん、YASUさん、ゆうくん、おりパパさんなどなど、会いたい人がたくさんいたんですが、スミマセン・・・。またいつか、会えるといいのですが・・・。

ありがとうございます

あさかわさま

 wikipediaとペーパークラフト、紹介していただきありがとうございます。これは飛びつきそうです。
 wikipediaはよく子供たちに見せています。学校教育では、「小学校の履修範囲はここまで・・・」という感じになってしまう(仕方ないのですが)。 子供たちには、興味のある事柄はどんどん深堀りさせてやりたいので、wikiやyutubeは必須ですね。こういう点では今の子供たちは恵まれているとあらためて思います。同時に、「不便さゆえに育つ空想力」も教えてやりたいですね。
 
 
 
 

Re:ありがとうございます

>YASUさん
僕も知識の「深堀り」と「連携」はとても大切だと思います(最近の小学校では、「習っていない漢字は使用禁止」などの駄目ルールがあって悲しいです)。うちでは、画像検索をすごい使います。
「「不便さゆえに育つ空想力」を教える」は・・・難しいですね・・・。
それがあるのは間違いないんですが、教えちゃったら「不便さゆえに育つ空想力」じゃない気がしますし、空想力って、知識の積み重ねから生まれる気がするし・・・・。便利なものは使うべきだし、便利すぎると退化するものが生まれるし・・・悩ましいところです。
非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR