LaQドラゴン(伏竜タイプ)の作りかた

『LaQランド地下迷宮の謎』に登場するモデルの

作りかた解説の続きです。

LaQランド 地下迷宮の謎 ~LaQ あそびかた・つくりかた研究室~ (LaQあそびかた・つくりかた研究室) LaQランド 地下迷宮の謎 ~LaQ あそびかた・つくりかた研究室~ (LaQあそびかた・つくりかた研究室)


今回、解説するのは「ドラゴン(伏竜タイプ)」です。



顔は『LaQ大百科』にも作りかたが載っているドラゴンと一緒です。

『LaQ ABC BOOK』のドラゴンが近い構造なので、

そちらを見ていただけるとわかりやすいと思います。



LaQ公式ガイドブック LaQ ABC BOOK (別冊パズラー)













LaQ公式ガイドブック LaQ ABC BOOK (別冊パズラー)


ariana office info
首から上は一緒ですが、首が下がらないように、No.2を噛ませています。


手足はきちんと地面に着くように形や付ける場所を変えています。


胴体は見栄えを考えて1ブロック長くしています。


羽は根元にパーツを追加し、角度を変えています。


尻尾は根元から付け方を変え、チェーン構造にしてボリュームを出しています。



ざっと見たところの変更点はこれくらいですが、

ひょっとしたら、ほかにも細かくいじっているかもしれません。


実際に作ってみて、どんどん改良をしていってもらえばと思います。


いわゆる「西洋ドラゴン」なので、首をもっと長くしたり、

赤や黒で作ってもカッコいいと思います。


とっても遊べるモデルなので、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR