ニューオリンズ小ネタ-生牡蠣-

ひさびさのニューオリンズネタです。


ニューオリンズは、フランスからの移民が多かったため、

フランスの文化が色濃く残っています。


特に料理に顕著で、そのおかげで、

アメリカでNo.1の食文化を誇る街と言われています。


また、ミシシッピー川による海運が発達していたという地理的要因もあり、

「生牡蠣」は人気料理の一つとして、お店がたくさんあります。

(競馬場にも競馬をしながら生牡蠣が食えるオイスターバーがあった)。


僕らがニューオリンズを去る前のお別れ会も、

地元のシーフードレストランでしてもらいました。


その店の名物はもちろん生牡蠣。

豪快さが売りのアメリカのレストランでパーティーを開くと、

アホほど料理が出てきます。


とにかく美味い生牡蠣で、いくらでも食べられます。

ライムを挿したコロナと、とても合い、

そんなに強いほうではないのですが、酒もしこたま飲みました。


なにしろ主役だったので、プレゼントなども貰い、

とても楽しく過ごせたのですが、

家に帰ると、なんだか吐き気がします。


ちょっと飲みすぎたかな~と思いつつトイレにいくと、

ものすごい勢いで吐いてしまいました。


さらにおなかも痛み出し、下からもすごい勢いで出始めます。


とにかく気持ちが悪く、上から下から水分の排出もとまりません。


なんだか発熱もしてきますが、

病院にいくといくらかかるかわからないので、

寝るしかありません。


幸い、下痢も翌日には収まり、回復にむかいましたが、

はっきりいって人生初体験の七転八倒、生き地獄の苦しみでした。


飲みすぎたのか、食中毒なのか、貝毒なのか、

病院にいっていないので原因は不明ですが、

それ以来、生牡蠣を食べるときは、

少し緊張するようになりました。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR