ヒストリエ

本棚の問題で、最近は新規漫画の購入を控えていますし、

ためしに買って、いまいちだと買わなくなることも多いので、

最近は定期購入している漫画がかなり少ないのですが、

『ヒストリエ』はとても続きが楽しみな漫画です。


ヒストリエ(7) (アフタヌーンKC) ヒストリエ(7) (アフタヌーンKC)

↑最新作、先日発売。


『寄生獣』で有名な作者の漫画で

舞台は紀元前4世紀、

アレクサンドロス大王に仕えた書記官エウメネスが主人公です。


主人公も実在の人物ですし、

ストーリーはフィクションですが史実に基づいています。


「竜馬」や「信長」などを描いた作品に名作が多いことでもわかるように、

実力がある作者の描く歴史モノ英雄譚は、やっぱり鉄板で、

しかも馴染みの薄い古代オリエント世界はとても新鮮で、かなり面白いです。


色気の無い画風で、淡々と進む展開はネガティブ要素ともいえますが、

作者のバランス感覚が全てをカバーして、

「岩明均の持ち味」に昇華していると思います。


オススメ漫画です。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR