友情のチリ編4-チリという国-

チリは南米の太平洋側にある南北に細長い国です。


北(赤道側)には砂漠があり、南(南極側)には氷河があるという、

日本よりも長いぶん、気候のバリエーションが豊かな国ですが、

高い山(アンデス山脈)からの豊かな水流と、

豊富な水産資源、そして四季があり、

とても暮らしやすそうなところでした。


気候で日本と大きく違うのは、湿度かなと思いました。


ワインの産地として有名なのは、

豊かな土壌に乾燥した気候が

良いブドウを育てるからのようですし、

夏もすごしやすく、首都のサンチアゴでは冬も雪はまず降らないといっていました。


有名な、サーモン、ウニを始め、海産物は豊富で

とても美味しかったです。


貧富の差はあるのですが、

国民の大半はメスティーソ(インディオとスペイン人の混血)なので、

人種差別もあまりなさそうです。


治安も、危ないところに行かなければ、

大丈夫そうなイメージです。


ダンスや音楽、サッカーを好む

陽気なラテンアメリカ気質はあるのですが、

中米やブラジル、アルゼンチンのイメージとはまた違って、

シャイで誠実な人が多い気がしました。


僕らのチリの印象は、とてもポジティブなものが多く、

ずーっと住んでもいいかもなーと思えるくらいの国でした。




ariana office info
↑どこからでもアンデス山脈が見える。

行ったのは7月ごろなんですが、南半球なので、冬まっさかり。

首都サンチアゴのマンションの窓から撮影。



ariana office info
↑郊外の高台から。

イメージ的には、そこらじゅうに北海道がある感じ。

基本、乾燥しているので、森林よりは荒野が多いかな。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR