友情のチリ編3-チリ上陸-

エルサルバドル~マイアミ~チリは、

それなりに離れていますが、

南北に離れているので、

時差はあまりありません。


朝早くルイスの家を出てマイアミまで、さらに乗換え待ちで過ごし、

外はもう真っ暗です。

ファーストクラスを満喫しようと思っていた僕らですが、

晩飯を食べてワインを飲んで、

座席をフラットにしたら、あっという間に記憶を失いました。


フライトは10時間前後だったと記憶していますが、

ファーストの座席の威力はものすごく、

二人とも完全に熟睡し、気が付けば朝ごはんが出てきました。


いつもフライト中は、次の国の予習をしたり、

ゲームをしたり、日記を書いたり、なにかしらやっていた僕らは、

座席がいいからいろいろできると思っていたのですが、

座り心地が良すぎると、逆に何も出来ないということをしったのでした。

(エコノミーは寝心地が悪いから、暇つぶしが必須なだけなんですね)



ファーストクラスはフライトを楽しむためのものというよりは、

フライトのつらい部分を打ち消す効果が高く、

フライト時間が短く感じる、ということを経験しました。


アンデスの山々から昇る朝日を見ながら朝食を取り、

僕らはサンチアゴに無事到着しました。

そこには、マカレナをはじめ、知った顔が何人か待っていてくれたのでした。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR