哀愁のエルサルバドル14-セカンドハウスへ4-

セカンドハウスにはプールもありました。


水は雨水?だったのかな?

一応、中で目は開けないようにしていました。


ariana office info

↑プールは泳ぐというよりは、体を冷やすもの。


内戦中、しばらく来られず、

内戦終了後に来たら、プールから椰子の木が生えていたそうです。


「飯、ハンモックで昼寝、プール」のローテーションでだらだらと過ごします。

夜は星を見ながらプールに入りました。

ariana office info
↑裏口からすぐビーチ。太平洋をはさんで、ちょうど日本の反対側です。


人が全然いなくて逆に怖いので、(サメとかいたら嫌だし)

海には入りませんでした。夜はウミガメが産卵に来たりするそうです。

でも、夜は現地の人が卵を取りに来たりするので、

危ないかもと言われました。



お母さんが心配するので、敷地の外には、ほとんど出ませんでした。

昼間少しだけ、ビーチに出ただけです。


カメも見たかったのですが、

内戦後だし、普通に武器が流通している国なので、

夜にうろうろするのは自粛しました。


セカンドハウスには1泊し、翌日もたっぷりだらだらして帰りました。

日光浴はしなかったのですが、それでもかなり日焼けをしました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR