藝祭2

東京藝術大学の学祭「藝祭」の続きです。


校内には大きな「山車」がいくつも展示してありました。

おそらく、ちゃんとコンペをしているようで、

どれもかなり出来が良く、とても感心しました。



ariana office info

↑「大賞」とあったので、賞を取ったものだと思います。

「左腕その1」が落ちてしまっています。


どれもすばらしい出来だったのですが、

和風モチーフが多かったので(『NARUTO』の影響か?)

それらは印象的につぶしあってしまったのかなと思いました。

エスニックなモチーフで、造形のバランスもよく、細部も凝っている

作品でした。

ariana office info
↑屋根に大狸。狸の形相が大迫力で、これも相当かっこいいです。


ariana office info
↑屋内には、山車の習作が展示されていました。

どれもスバラシイ出来です。

錦鯉と女子高生がモチーフ。

鯉のカラーリングも可愛いし、僕は好きです。


ariana office info
↑屋根に鳳凰? もう一工夫あってもいいかな…。


ariana office info
↑歌川芳藤の「五十三次之内 猫之怪」を立体化。

ポーズと胴体はオリジナルです。

全身が猫で出来た怪猫ですが、一体一体の猫がかわいく作ってあるので、

本物はとても可愛いです。

歌川一門も好きですし、動物も好きなので、たまりません。

造形も丁寧で、完成度も高いです。

僕だったらこれに投票するかな?


ariana office info
↑しゃもじを背負った仁王風のまかないさん。

隆々とした筋肉が見事です。こういうユーモアは評価したくなります。


ariana office info
↑ヤマタノオロチとヤマトタケルかな?

細かい造形が、とてもよく出来ています。

正統派な山車ですね。


いろいろ見ていると、

自分でもとても作りたくなります。


一度、こういう大きいものを作ってみたいです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR