哀愁のエルサルバドル1-連絡先がわからない!-

ベネズエラをあとにしたわれわれは、

次の目的地、ルイス のいるエルサルバドルに向かいます。


エルサルバドルは、北米と南米のちょうど中間、

世界地図でいうと、細長いヒモのような部分にあります。


ariana office info
↑エルサルバドルの位置と国旗



航空運賃は片道と往復でそんなに金額が変わらず、

就航している航空会社が多いほど安くなるので、近い順に

フロリダ→エルサルバドル→ベネズエラ→チリと片道で渡り歩くより、


バラバラに【フロリダ】→ベネズエラ→【フロリダ】→エルサルバドル→【フロリダ】→チリと

必ずフロリダ経由にしたほうが運賃がかかりませんでした。


なので、位置的にはアメリカ寄りに戻ることになりますが、

上記の順で行程を組んでいました。



とりあえずフロリダに到着したころには夜でしたので、

空港のインフォメーションで近くの安宿を探しました(W一部屋$49)。


ホテルに落ち着いたころは10時ごろでしたし、

空港の近くの周囲に何もない場所だったので、

せっかくのフロリダ泊でしたが、そのまま一泊。

ひさびさの一人ベッドで二人とも爆睡でした。

次の日も昼便だったので、朝そのまま空港に直行です。



チェックインして搭乗するまでの間に、

ルイスには「○○日の○○便で行く」というメールは送ってあるものの、

返事をもらっていなかったことに気がつき、

そういえば連絡先も住所もわからないことに気がつきました。


相手は本物のラテン系なので、

要所要所でテキトーなところがあったりします。

(人のことは言えませんが)


あわててニューオリンズの友だちに電話をして、

連絡先を調べてもらいますが、どうも良くわかりません。


そうこうしているうちに、搭乗時間が来て、

僕たちはエルサルバドルへの飛行機に乗り込みました。

(つづく)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR