ベネズエラ修行編8-嘆きのマリア-

ベネズエラ空軍基地でマンゴーを好きなだけ食べ

(とは言っても、たしか2つか3つ)、

ピクニックを満喫し、夜は夜でまた飲まされた僕は

ベネズエラ滞在3日目にして、完全に体調を崩し、

高熱&腹痛&下痢で食事もろくにとれない有様でした。


『ブラックジャック』を愛読していた僕としては、

「南米での下痢=死」のイメージが頭をよぎります。


高熱で寒気がするのに掛け布団はシーツみたいなものだけ、

ベッドは真ん中がへこんで寝にくいし、

正露丸もおかゆもありません。


水分をとろうにも水は硬水(たぶん)ですし、

しかたなくコーラを飲んでいる有様です。


襲い来る激痛と便意、

ただで泊めてもらっている家で、

貴重な溜めている雨水を使って

何度もトイレを流す気まずさに耐え、

ベネズエラ3日目はほぼ寝て過ごしました。



実はその日、みんなで車でまあまあ遠い海まで行って、

1泊して帰ってくる、という予定を立てていました。


もちろん、予定はキャンセル。

お父さんは仕事があるので、

日程をずらすわけにもいかず、

その日は家族でだらだらと過ごす日になってしまいました。


僕らもカリブ海でのバカンスを逃したことになるのですが、

17歳のマリアの落胆振りは激しく、

「何で今日なんだ」と、べそをかいています。


翌日、何とか熱は引きましたが、

このダメージはベネズエラの滞在中、

最後まで尾を引きました。

(つづく)



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR