ベネズエラ修行編5-水シャワー-

最初はわからなかったのですが、

シャワーは雨水をタンクで貯めたものでした。


乾燥した高地という土地柄、水は貴重品なので、

温かいお湯を使ってシャワーを楽しむという概念が無いのです。


なので、シャワーは気温が下がる夜ではなく、

温かい昼間のうちに、

乾燥していて汗もあまりかかないので、

毎日は使用しないものだったのです。



現地の人にとっては常識なので、

誰も教えてくれないことなのですが、

水シャワーの場合、

先に石鹸を少量の水で泡立て、体を洗ってから、

最後に石鹸を流して終わるのがセオリーのようです。


勝手がわからない僕らは、

気温が下がる深夜に、

普通に水を全身で浴びてから、震えながら頭と身体を洗い、

最後にまた水で全身を流すというシャワーの浴び方をして、

明らかに体調を崩してしまうのでした。


次の日(2日目)は何とか持ちこたえたものの、

3日日、僕は完全に体調を崩し、

高熱&腹痛&下痢でろくに食事もとれない有様となりました。

(つづく)



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR