ニューオリンズ小ネタ-マンガ-

かなりのマンガ読みなので、

海外ではマンガに飢えていました。


当時はYou Tubeなどもありませんし、

本屋にあるのはアメコミばかり。

第一、アメリカは本屋の数が日本に比べて圧倒的に少ないのです。




でも、比較的近所にコミックスの専門店が一軒あって、

ついつい、そこには定期的に行ってしまいました。

(行くとつい買ってしまうので2ヶ月に一度くらいでしたが)




当時はまだまだ海外版のコミックスは流通量が少なく高価で、

タイトルも限られていました。

(まだ、ワンピースもナルトもアニメになっていないころです)


そのころは日本のコミックスは、

右開きにレイアウトしなおすのが一般的でしたので、

その関係上1冊の値段がバカ高く(1000円くらいする)、

無分別に買うわけにいきません。



少なくとも英語の勉強になるように、

ストーリーがわかっていて、せりふもなんとなく記憶にあって、

面白く、家にあってもいい名作系という条件でまず買ったのが、

『北斗の拳』でした。


また、彼女も『風の谷のナウシカ』を買い、

その後、ちょこちょこと続きを買い、

結局、『北斗の拳』は最初から、ジャギが出るとこくらいまで、

『ナウシカ』は半分くらい、

あと、$3くらいのうすっぺらい『ドラゴンボール』を何冊か

(サイヤ人襲来のとこらへん)

を持っています。



ariana office info
↑廉価版『DB』。1冊に3話くらい入っている
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR