LaQ本小ネタ-ひし形立体-

『LaQ大百科』のP29で紹介している「ひし形立体」ですが、

三角をNo.3で接続してひし形を作り、

それを12個(30個)組み合わせて作っています。


ひし形部分の接続をNo.7にすると、

そこにパーツをつけられるので、

いろいろと可能性が広がります。


ariana office info
↑「ひし形十二面体」にNo.7をつけてパーツを伸ばすと

大きい「正八面体」に。

ariana office info
↑「ひし形30面体」の場合は、

「正20面体」の頂点と辺を削った形に。

ariana office info
↑「ひし形30面体」に三角をつけて作った“モーニングスター”

(『ドラクエ4』でクリフトが装備できるヤツ)


※観賞用。子供に与えないこと!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR