LaQ本小ネタ-目の表現3-

内側からNo.6ジョイントを差し込んで目の表現にした

応用モデルその2です。


『LaQスーパーテクニック』に

改良したものが掲載されています。


写真はハツカネズミのモデルにタイヤをつけて、

猫のオモチャにしようという試みです。


ariana office info
↑くんくん。



実験台は、うちのネコ(雑種)。



ariana office info
↑ツンツン。






実は、最初は写真を撮ろうとしても、

まったく反応してもらえませんでした。


いろいろとやっても無反応だったのですが、

妻のアイディアで中に煮干を仕込んだら、

やっと反応してくれました。

スポンサーサイト



コメント

動くネズミ

いいですねぇ。
チョロQがくっつけられるのであれば
自動で動いて面白いかもって思いました。

なぜか

チョロQも紐もネコジャラシも大好きな猫なんですが、これにはまったく反応しませんでした。ブロック玩具を何かに見立てるのは、動物には難しいみたいです。
非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR