折り紙

ニューオリンズには折り紙と折り紙の本を持っていっていました。


折り紙はすでに日本の文化として認知されているので、

千代紙の鶴を上げたりすると普通に喜ばれるんですが、

やっぱり日本人留学生がやってみせることの定番らしく、

せっかくなので、もうちょっと複雑な蟹とか海老とかをあげていました。


もちろん、もともとそんなのを折れるわけではなく、

持って行った本を見て折っていたのですが、

時間はたっぷりあったので、

いろいろとこだわって改良したり、

新しいモデルを生み出したりしていたら、

すっかり折り紙が楽しくなりました。


もともと細かいことが好きなうえに、

やっぱり、2Dを3Dにおこすことに適性があるみたいです。


帰国してから、いろいろと折り紙の世界を手繰ってみると、

伝統系、複雑系、幾何学系、改造系など

なかなかに深遠な世界でした。


↓この辺が最先端です。


神谷流創作折り紙に挑戦!―創作アイデアの玉手箱/神谷 哲史

¥2,100

Amazon.co.jp

ariana office info

ariana office info

↑画像はアマゾンより転載。

テレビチャンピオンでも有名な折り紙王、神谷さんの著書

あと「ツル星人」で画像検索すると

楽しい折り紙がたくさん見られます。
ぜひごらんになってください。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR