数学

特に好きということはないんですが、

興味の対象です。


高2のときに国語の成績が良かったので文系コースを選んで以来、

数学の授業は受けていませんし、

独学で何かをやっているということもありません。


ただ、数学というものの本質がすごいと思うので

何とか理解できる範疇を広げたい、と昔から思っています。


個人的な見解ですが、

数学の本質とは、物理法則の数値化であり

森羅万象の理を明らかにすることだと思っています。


どんな言語や思想、宗教を持った人でも

数学は絶対的な共通言語であり、

宇宙人とでもコミュニケーションがとれる

共通したルールなのです。



ただひとつの欠点は難しすぎること。


絶対的に必要なんですが、

範囲が膨大なので小学校1年生から習い始めても

義務教育で習い終えることができず、

未だに解明されていない事象も山ほどあります。


難しすぎるため、最先端にたどり着くには

特殊なセンスが必要ですし、

義務教育の範囲ですら多くの脱落者が出るほどです。


なので、ちょっとでも掘り下げると

すぐにわからないことが出てきますし、

「あっこれは無理だな」というレベルのものも山ほどあります。


でも逆に、良く考えると理解できるもの、

なんとなくニュアンスが伝わるものも多いので、

そういうのに触れるのが楽しいなぁと思うのです。




数学はまだ全貌が解明されていない未来のある鉱脈です。

なので、数学の進歩は、

人類全体を幸福にする可能性も秘めていると思うのです。


でも、超高度な数学的な領域には限られた人しかたどり着けず、

強烈なセンスが必要みたいなので、裾野を広げるためにも、

世の中にもっと数学が浸透してほしいなーと思っています。


僕がLaQの本に数学的なアプローチをちょこちょこ入れ込むのも

そのへんが理由だったりします。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR