スパニッシュ3-チリ人-

チリ出身のコーディネーターの尽力で、

あるとき、IELPに大量のチリ人がやってきました。


学校単位で募集をかけた短期留学で、

30人くらいの生徒が一気に来たのです。


それでも語学力でレベル分けして、

もともと10人以下だったクラスが15人くらいになった程度なので、

授業への影響はほとんど無かったのですが、

学校単位、ということで、

友達同士や兄弟、カップルで来ている人もいて、

修学旅行のようなノリもあり、

一気ににぎやかになりました。


ラテンの血が流れるスパニッシュなので、

音楽大好き、ダンス大好き、自分の国大好きなんですが、

チリ人は、どうも自国にややコンプレックスがあることが多いみたいです。


伝統的に隣国のアルゼンチンと仲が悪いようで、

アルゼンチンのヤツはどうのこうのとか、悪口を言うんですが、

「でもアルゼンチンの牛肉は美味いんだよ…」とかいいだすし、

サッカーの話で

ヨーロッパのサッカーリーグの話はノリノリで語りだすのに、

ワールドカップの話になると、

「ブラジルとアルゼンチンが強いからさぁ…」とか

へこんだりするのです。


サッカーをしたり、繁華街へ繰り出したり、トランプやウノをしたり、

みんなで小学生レベルのイタズラをしたり…。

とにかく誰かしらがなにかをやっていて、

すぐに、おまえも入れと言ってくれて、

本当に仲良く、楽しい日々を送れました。

帰国前の南米ツアーでもチリではみんなの家に招待されて、

1カ月以上滞在しました。


なので、チリは好きな国の筆頭に上げられる国です。

地震や、落盤事故など、ニュースで登場すると、

食い入るように見てしまいます。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR