ニューオリンズ生活11-ルイス-

サモの飼い主のルイスは、中米エルサルバドルからアメリカに留学しに来ている苦学生です。


ariana office info
アメリカに留学に来られる時点で、決して貧困層ではないのですが、

仕送りだけでは生活できないので、アルバイトが欠かせません。

ariana office info
↑ルイス・カストロ(本名)


スパニッシュ(スペイン語が母国語の人々)の割りに性格は控えめで、

ややネガティブ思考なところがあるのですが、

フレンドリーで温厚で、とても付き合いやすく、

きれいな英語を話すので会話が聞き取りやすく、

プレステの鉄拳が大好きで、

ジャッキー・チェンとかブルース・リーが好きな楽しいヤツでした。

(サモの名前もサモハン・キンポーが好きだから)


しかも背も高くありませんし、ややぽっちゃりぎみで

決してカッコいいタイプではないのですが、

彼女が欲しくて欲しくて、一生懸命女の子にアプローチをするんですが、

なかなか彼女ができないというキャラ立ちもしていました。


ルイスは一時期、同じ通りに日本人とルームシェアをしながら住んでおり、

車を持っていたので、よく買出しに連れて行ってもらいました。

買出しに連れて行ってもらったら、なるべくご飯を作ってあげていたので、

良くお互いの家を行き来して、とても仲良くしてもらいました。


サモを預かったのは、犬の世話をしたかったのもありますが、

ルイスが困っているなら、というのもあったと思います。


その後、僕らはエルサルバドルのルイスの実家まで遊びにいって、

ルイスの家族とも会いました。

そこでは本当に良くしてもらいましたし、

ルイスが子供のころ、エルサルバドルでは内戦が絶えず、

まったく家から出られなかったこと、

それが自分の人格形成に大きな影響を与えていることなどを聞いて、

僕らはますますルイスのことが好きになりました。


さらにその後、アメリカでとうとう学費が払えなくなり、

軍隊に入って学費の免除をしてもらったと聞き、

しかもすぐにイラク戦争が始まったので、とても心配しましたが、

何年か前に、facebookで無事だったことが判明しました。


しかもつい最近、ずっと独身だったプロフィールが

「彼女アリ」になっていました。

やっと春がきたのか?

それともやっぱりフラれるのか?


またいつかルイスには会いたいな~と思っています。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR