ニューオリンズ生活4-日本人-

アメリカの南部は、日本からの距離も遠く、

治安に関してもネガティブなイメージが強いので、

日本人は少なめです。


でも、とても個性の強い、魅力的な場所ですし、

特に、ニューオリンズはジャズの街なので、

音楽系の留学生、ミュージシャンとかもいたりして、

集まっていた人たちは、やっぱり個性的な人が多かった気がします。


ニューオリンズにいる日本人は、

だいたい、「目的がある」「安いから」「縁があった」などの

明確な理由があります。

(なんとなく、という人は少ない)


なので、たいていの人は、まじめに何かに取り組んでいますし、

一人でもがんばろうという、芯が強い人が多かったと思います。


そんな人たちが集まっている場所なので、

そこで出会った人たちは、一度仲良くなるととても親切にしてくれます。


英語のつたない僕らは、何人もの日本人に助けてもらいました。

また、夢を追いかけていたり、真剣に何かに取り組んでいたり、

それでいてアメリカをエンジョイしている様は、

とても刺激になりましたし、影響を受けました。


英語を学べた、見知らぬ外国で生活するシミュレーションができた、

という意義もありますが、

魅力的な人に多く出会えて、

助けたり、助けてもらったりする経験ができたのは

本当に有意義だったと思えます。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR