英語を学ぶ7-勉強方法-

アメリカまで行って英語を勉強してみて、

自分なりに効率がいいと思う英語の学び方があります。

(えらそうに言うほど英語ができるわけではないんですが)


特に大切なのは、


①中学までの文法

②ヒアリング

③ボキャブラリー


の3つです。


①は普通に勉強すればOKです。

疑問文、否定文、過去形、助動詞など基本を押さえつつ、

構文(S:主語+V:動詞+O:目的語など)を反復すると、

補語や副詞の使い方が自然にマスターできて、表現に幅が出ます。


②は、僕も一番苦手なんですが、

反復して聞いていると、少しずつ慣れてきます。

とにかく慣れる、集中して聞く、しかないです。

実感なんですが、ヒアリングは個人の能力の差がはっきり出る気がします。

耳がいい(音感がある人)ほど、マスターが早いので、

音楽をやっている人は有利な気がします。


③は会話を構成するパーツなので、これがないとどうしようもありません。

数が多いので、単語帳なども有効だと思いますが、

会話や作文で実際に使っていくほうが頭に残ります。

コミュニケーションはボキャがなくても取れますが、

ボキャがあると、より深く相手を理解できます。


①は一回マスターすれば、落ちにくい能力だと思うのですが、

②と③は、英語に触れていないと、どんどん忘れていきます。

「聞くこと」に集中して、「使う単語を増やしていく」、そして

ちゃんと「耳から入れて」「口から出す」を反復すること、

やっぱり、これが一番効率がいいと思います。


(えらそうに書いてますが、僕も全然できていませんし、

②と③は、本当に自信がないです。スミマセン)


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

laqmaster

Author:laqmaster
LaQの本を作っていますLaQマスターこと浅川直樹の告知用ブログです。アメブロから移動しました。表示など調整中。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR